火の鳥nipponの個人成績(ネーションズリーグ2018)

スポンサーリンク
FIVBの方で数値の一部修正があったので、こちらも修正しました。(2018/6/23)
なお、全体の順位は予選のものです。

総得点

スパイクブロックサーブ総得点全体の順位
黒後愛1463915821
石井優希1446715722
古賀紗理那1203813132
新鍋理沙10431111847
奥村麻依531967879

最終的に黒後選手が1番多く得点したんですね。

avatar

アタック決定率

ウイングスパイカー
得点失点打数決定率全体の順位
黒後愛1466139037.4420
石井優希1445641234.9529
新鍋理沙1043424742.11
古賀紗理那1204230838.96
内瀬戸真実462917027.06

黒後選手、今大会で随分成長しましたね!

avatar

ミドルブロッカー
得点失点打数決定率全体の順位
芥川愛加1422751.85
岩坂名奈39128645.35
島村春世591413643.38
奥村麻依531314935.81

芥川選手、打数が少ないので、もう少し使って欲しかったですね。

avatar

スポンサーリンク

ブロック決定本数

得点1セットあたり全体の順位
奥村麻依190.3336
島村春世150.2652
岩坂名奈140.2461
富永こよみ90.1690
石井優希60.10121

※数値は1セットあたりで決めた本数ですが、出場していないセットもカウントされるので、多く出場している選手ほど有利になります。
※計算例:奥村麻依選手の場合
得点19÷日本の全セット数58=0.33%

サーブ決定本数

得点1セットあたり全体の順位
新鍋理沙110.1936
黒後愛90.1654
古賀紗理那80.1467
石井優希70.1278
田代佳奈美70.1279

※数値は1セットあたりで決めた本数ですが、出場していないセットもカウントされるので、多く出場している選手ほど有利になります。
※計算例:新鍋理沙選手の場合
得点11÷日本の全セット数58=0.19%

セッターの成績

ランニングセット1セットあたり全体の順位
田代佳奈美67711.677
富永こよみ4467.6914

※数値は「ランニングセット」を日本チームの全セット数で割ったものです。そのため、試合に多く出ている選手ほど、数値は高くなりやすくなります。
※計算例:田代佳奈美選手の場合
ランニングセット677÷日本の全セット数58=11.67%

ランニングセット(Running sets)とは?

「ブロックが1枚orつかない状態でアタックが決まったもの」でありアタックが決まらなかった時にはカウントされません。ですので本数が少ない(率が低い)のは
・単純にブロックが1枚orつかない状態が少なかった
・ブロックが1枚orつかない場合でもアタックが決まらなかった
と2つの可能性があります。
引用リオ五輪女子~データによる日本チームの振り返り~(バレーボールマガジン)

スポンサーリンク

ディグの成功本数

ディグの成功数1セットあたり全体の順位
井上琴絵871.507
石井優希831.4310
田代佳奈美611.0525
新鍋理沙570.9836
内瀬戸真実520.9040

※数値は1セットあたりのディグの成功本数ですが、出場していないセットもカウントされるので、多く出場している選手ほど有利になります。
※計算例:井上琴絵選手の場合
得点87÷日本の全セット数58=1.50%

サーブレシーブ効果率

Excellents失点受数効果率全体の順位
石井優希932741515.905
古賀紗理那3629139.56
新鍋理沙47614332.87
内瀬戸真実42613830.43
井上琴絵591921527.44

※計算例:石井優希選手の場合
(Excellents93-失点27)÷受数415=15.90%

引用元

Facts & Figures - Japan - FIVB Volleyball Nations League 2019
Women's Statistics - FIVB Volleyball Nations League 2019
トップへ戻る