下北沢成徳 インターハイと国体の2冠達成!

スポンサーリンク

第73回国民体育大会バレーボール競技 少年女子

決勝 東京都(下北沢成徳) – 大阪府(金蘭会)

10月08日(月) 決勝
東京都(下北沢成徳) – 大阪府(金蘭会)
3-1
(18-25 25-21 25-19 25-13)

スポンサーリンク
 
 

第73回国民体育大会 関連記事

大阪・金蘭会高は準優勝 東京・下北沢成徳高のスパイクをマークしきれず/国体
 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」第10日は8日、福井県営陸上競技場などで行われた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181008-00010000-nbpvbball-spo
国体 成年女子は佐賀が連覇 少年女子は東京(下北沢成徳高校)が2冠
 第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体2018」バレーボール競技の全日程が,10月8日(月・祝)に終了しました。競技終了日には福井県あわら市、坂井市で、それぞれのカテゴリーの3位決定戦と決勝が行われました。  成年男子の決勝では、広島
バレーボール・久光2連覇 福井国体 アーチェリー・厳木高が3位|スポーツ|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE
【福井県で本社取材班】福井県で開かれている第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」で8日、佐賀県勢はバレーボール成年女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)が決勝で日立リヴァーレ(茨城県)に3-2で競り勝ち、2年連続8度目の栄冠を手にした。 久光製薬は第1セットを先取したものの、相手の粘り強いレシーブに苦しみ、第2、3...

 
 

第73回国民体育大会 関連リンク

概要|第73回国民体育大会|国内大会|公益財団法人日本バレーボール協会
日本バレーボール協会主催のバレーボール国内大会、黒鷲旗、天皇杯・皇后杯、インカレ、春高バレーなどの日程や結果に加え、チケット情報も
http://kirokukensaku.net/5NS18/discipline_110_20181008.html
トップへ戻る