バレーボール情報・記事(7/4)

スポンサーリンク

内瀬戸真実選手のインタビュー記事

――昨年の全日本では、サーブレシーブを低い軌道で返すという取り組みをしていたと思いますが、今年も同じ方針ですか?

内瀬戸:低い軌道というのもあるのですが、速いだけではなく「間」のある、テンポのいいパスにすることが大事ですね。低い軌道というだけではスパイカーが慌ててしまうこともありますし。でも、私はもともと高く上げるタイプではなかったので、そんなに難しいことだとは思わなかったです。

引用元↓↓

内瀬戸選手、代表では石井優希選手、島村春世選手、芥川愛加選手などと仲がいいそうです。

avatar

スポンサーリンク

7/3は岩坂名奈選手の誕生日でした。

トップへ戻る