春高バレー2019(女子)決勝・個人賞など

スポンサーリンク

女子決勝の結果

この試合でアタック得点が多かった選手

選手名チーム得点決定率
西川 有喜金蘭会2942.6
宮部 愛芽世金蘭会2245.8
室岡 莉乃東九州龍谷2240.7
合屋 咲希東九州龍谷1748.6
平山 詩嫣東九州龍谷1737.8
スタッツはこちら(PDF)

https://www.jva.or.jp/domestic_convention/uploads/outline/285/Match103B_haruko2018.pdf

スポンサーリンク
 
 

個人賞

最優秀選手
宮部 愛芽世金蘭会
優秀選手
宮部 愛芽世金蘭会
西川 有喜金蘭会
平山 詩嫣東九州龍谷
合屋 咲希東九州龍谷
住田 帆志乃八王子実践
石川 真佑下北沢成徳
ベストリベロ
水杉 玲奈金蘭会

スポンサーリンク
 
 

関連記事(外部)

【春高バレー】金蘭会が初の連覇 東九州龍谷との死闘を制す
 男女の決勝が行われ、女子は金蘭会(大阪)が東九州龍谷(大分)をフルセットの末に下し、2年連続3度目の優勝を決めた。
東九州龍谷・相原監督、フルセットで敗れるも選手ねぎらう「国体で1セット取るのがやっとだった相手」/春高バレー
 ジャパネット杯「春の高校バレー」第71回全日本バレーボール高校選手権は13日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで女子の決勝を行い、金蘭会(大阪第1)が東九州龍谷(大分)に3-2で競り勝って、2年連続3度目の優勝を決めた。
時事ドットコム
金蘭会は一丸で2連覇 全員で埋めた“穴” 春高バレー
12日に行われた春の高校バレー女子決勝で、最後はエースが優勝を決めた。高く舞った宮部愛芽世(あめぜ)(2年)が豪打を決めると、金蘭会の選手たちは幾重にも歓喜の輪…
東九州龍谷、あと一歩及ばず 「全力出し後悔ない」
12日に行われた春の高校バレー女子決勝で、敗れた東九州龍谷は力を出し切った。第1セットを落としてから巻き返し、フルセットの接戦を演じた。主将でセンターの平山詩嫣…
金蘭会が連覇「総合力でいい戦いをした」池条監督 - バレー : 日刊スポーツ
金蘭会(大坂)が東九州龍谷(大分)を3-2にフルセットで退け、2年連続3度目の優勝を果たした。苦しんだ末の連覇だった。前年度は絶対的エース林琴奈(現JT)を軸… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ページが見つかりません - 毎日新聞
不屈の東龍、準V 全日本高校バレー - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
大分合同新聞プレミアムオンライン「Gate」では、大分県内ニュースを中心に速報、イベント情報や世界の主要報道などを掲載しています。
日本代表・中田監督も褒めた!東九州龍谷・荒木「来年は日本一」/春高バレー
 バレーボール・全日本高校選手権第5日(13日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)東九州龍谷は準決勝の下北沢成徳(東京第1)に続いて驚異の粘りでフルセットに持ち込んだが、最後に力尽きた。ブロックを含めて12得点だった184センチの荒木彩花(2年)は「来年は絶対にリベンジして日本一を成し遂げたい」と力強かった。表彰式後...
「東龍 よくやった」 600人の応援団拍手 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate
大分合同新聞プレミアムオンライン「Gate」では、大分県内ニュースを中心に速報、イベント情報や世界の主要報道などを掲載しています。
【大林素子 春にアタック】将来日の丸背負える逸材がめじろ押し
 バレーボール・全日本高校選手権第5日(13日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)今大会も将来を期待できる選手がめじろ押しでした。男子では、なんといっても洛南の大塚。去年の悔しさを背負い、よく頑張りました。洛南では垂水も決勝で覚醒しましたね。以前からシャープさがありましたが、一段階上がったと感じます。
金蘭会V2!西川&宮部の二枚看板で三度目の正直/春高バレー
 バレーボール・全日本高校選手権第5日(13日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)ジャパネット杯「春の高校バレー」第71回全日本バレーボール高等学校選手権の男女決勝が行われ、女子は金蘭会(大阪第1)が東九州龍谷(大分)を3-2で下し、2大会連続3度目の頂点に立った。西川有喜(3年)、宮部愛芽世(あめぜ、2年)のダブル...
連覇の金蘭会2年生宮部「来年も続けたい」V3誓う - バレー : 日刊スポーツ
昨年と同カードになった女子は金蘭会(大阪)が東九州龍谷(大分)を3-2のフルセットで退け、2年連続3度目の優勝を果たした。苦しんだ末の連覇だった。前年度は絶対… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
「自分たちが雪辱」 東龍1年・室岡、悔しさの中に手応え 2年・荒木、涙でリベンジ誓う
◆全日本高校バレーボール選手権(春高バレー)女子決勝金蘭会3―2東九州龍谷(13日=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)東九州龍谷の下...
東龍、2年連続凖V 激闘で完全燃焼 涙の主将、日本一を後輩に託す
完全燃焼の銀メダル!大会最終日は男女の決勝があり、2年連続で同じ顔合わせとなった女子は東九州龍谷(大分)がフルセットの激闘の末、前回女...
トップへ戻る