日本×プエルトリコ 試合結果(2018世界バレー)

スポンサーリンク

日本×プエルトリコ 試合結果

日本×プエルトリコ
3 - 0
25-22 25-14 25-18

試合の詳細はこちら(FIVBウェブサイト)↓↓↓

Post-Match - Japan-Puerto Rico - FIVB Volleyball Women's World Championship Japan 2018

この試合、ミドルブロッカーの荒木選手がチーム最多得点。
(アタック9、ブロック2、サーブ1の12得点)

アタック決定率はなんと75%!

もう1人のミドルブロッカー奥村選手も、72.3%(8/11)のアタック決定率。

これだけミドルが活躍してくれると、チームとしては助かりますね。

ただ、心配なのは古賀選手、今日はアタックが全く決まりませんでした。

火曜日は試合がないので、ゆっくり休んで調子を取り戻して欲しいですね。

スポンサーリンク

 
 

2018/10/8終了時点の順位

POOL E

変動順位チーム勝ち点
セルビア7021
オランダ7020
日本6118
ブラジル5216
ドイツ4311
ドミニカ共和国3410
プエルトリコ256
メキシコ163

5位以下のチームは、残り2試合で勝ち点6稼いだとしても、3位以上には入れないので、2次予選敗退が決まりました。
 
3次ラウンドへ進出できるのは上位3チームのみ。今後はセルビア、オランダ、日本、ブラジル、4チームの争いとなります。

※10/8の時点でセルビアの3次ラウンド進出は確定していたようです。
※なお順位決定方法は、⓵勝利数⓶勝ち点⓷セット率⓸得失点率とのことです。

POOL F

変動順位チーム勝ち点
イタリア7021
アメリカ7019
中国6118
ロシア6118
タイ3410
トルコ349
ブルガリア256
アゼルバイジャン256

こちらも3位以上に入る可能性が消滅した5位以下のチームは、2次予選敗退となりました。
 
イタリア、アメリカ、中国、ロシア、この4チームの争いとなります。
 
 
 
 
 
 
スポンサーリンク
 
 

この試合の関連記事

中田ジャパン プエルトリコにストレート勝ちで5連勝 次戦は全勝のセルビアと対戦 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ
 バレーボール女子の世界選手権第8日は8日、名古屋市のガイシプラザなどで2次リーグが行われ、E組で中田久美監督率いる世界ランキング6位の日本は同13位のプエルトリコを25―22、25―14、25―18で下し2連勝、1次リーグからは5連勝とした。日本は7戦を終えて6勝1敗で勝ち点を18に伸ばした。プエルトリコは2勝5敗。
中田久美ジャパン圧勝!「覇気」に託した全員の思い - バレー : 日刊スポーツ
世界ランク6位の日本は同13位のプエルトリコを3-0(25-22、25-14、25-18)で破って1次リーグから通算6勝1敗とし、3次リーグ進出圏の3位をキー… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
時事ドットコム
全日本女子、ベテラン・荒木絵里香らの活躍でプエルトリコにストレート勝利 2018女子世界選手権
女子世界選手権 第2次ラウンドの結果
日本、プエルトリコをストレー倒!“ママ”荒木が12点/バレー
 バレーボール・女子世界選手権第8日(8日、名古屋市ガイシプラザほか)E組で世界ランキング6位の日本は同13位のプエルトリコをストレートで下し、6勝1敗で勝ち点18とした。荒木絵里香(34)=トヨタ車体=の速攻や奥村麻依(27)=ナコンラチャシマ=の移動攻撃が効果的に決まり、相手を突き放した。9日は休養日。10日に世界...
奥村麻依「攻める気持ちで常に攻撃参加したい」小幡真子「いい意味でチームを後ろから動かせるような声を出したい」 世界選手権 プエルトリコ戦コメント
女子世界選手権 プエルトリコ戦コメント
中田久美監督「黒後愛は疲労が溜まっていたため、休ませた」 荒木絵里香・石井優希「セルビア戦はサーブが鍵になる」 女子世界選手権 プエルトリコ戦記者会見コメント
 8日に名古屋市の日本ガイシホールで行われた女子バレーボール世界選手権第2次ラウンド、プエルトリコ...
時事ドットコム
荒木絵里香、ミドルで異例の最多得点 3位守った - バレー : 日刊スポーツ
世界ランク6位の日本が同13位のプエルトリコを3-0で破り、1次リーグから通算6勝1敗として3次リーグ進出圏の3位をキープした。ミドルブロッカー荒木絵里香(3… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

 
 

その他

トップへ戻る