日本×ドミニカ共和国 試合結果(2018世界バレー)

スポンサーリンク

日本×ドミニカ共和国 試合結果

日本×ドミニカ共和国
3 - 2
25-17 28-26 22-25 25-27 15-11

試合の詳細はこちら(FIVBウェブサイト)↓↓↓

Post-Match - Japan-Dominican Republic - FIVB Volleyball Women's World Championship Japan 2018

日本はドミニカ共和国の高さを活かした攻撃に苦しみましたが、なんとかフルセットで勝ちましたね!

ハラハラする試合でしたが、勝てて良かったです。

スポンサーリンク

 
 

2018/10/7終了時点の順位

POOL E

順位チーム勝ち点
セルビア6018
オランダ6017
日本5115
ブラジル4213
ドイツ4211
ドミニカ共和国3310
プエルトリコ246
メキシコ153

日本はドミニカ共和国戦で勝ち点2しかとれませんでしたが、ブラジルもドイツにフルセットで負けたので、日本とブラジルの勝ち点差が2に開きました。

順位的には変動なしです。

POOL F

順位チーム勝ち点
イタリア6018
アメリカ6016
中国5115
ロシア5115
タイ3310
トルコ339
アゼルバイジャン246
ブルガリア246

こちらも順位変動なし、4強の争いになってきましたね。

イタリア、強いですねー。
 
 

スポンサーリンク
 
 

この試合の関連記事

「404エラー」TBS NEWS 動画ニュースサイト
TBSの動画ニュースサイトTBS NEWSです。
日本、ドミニカにフルセットの末○/世界バレー詳細 - スポーツ : 日刊スポーツ
世界ランク6位の日本は同9位のドミニカ共和国をフルセットの3-2(25-17、28-26、22-25、25-27、15-11)で退け、2位リーグを白星でスター… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
中田ジャパン、フルセットの死闘制す ドミニカ下し3次L進出圏内の3位を死守 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ
 バレーボール女子の世界選手権は7日、各地で2次リーグが行われ、中田久美監督率いる世界ランキング6位の日本は同9位のドミニカ共和国と対戦。25―17、28―26、22―25、25―27、15―11のフルセットで勝利。苦しみながらも2次リーグ初戦を制した。
セッター田代佳奈美が勝利演出「久美さんの思いも」 - バレー : 日刊スポーツ
世界ランク6位の日本は同9位のドミニカ共和国をフルセットの3-2(25-17、28-26、22-25、25-27、1511)で退け、2位リーグを白星でスタート… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
全日本女子、最終セットで石井優希、長岡望悠らが活躍し、ドミニカ共和国にフルセット勝利 2018女子世界選手権
 2018 女子世界選手権は7日、日本ガイシホール(名古屋市)で第2次ラウンドE組の第1戦が行われ、日本は...
時事ドットコム
バレー女子:「チームが一つ」役割果たし石井が満面の笑み | 毎日新聞
バレーボール女子の世界選手権第7日(7日)  中田久美監督が「ここからが本当の勝負」と話す2次リーグ初戦で、交代出場した石井らが役割を果たし、激闘を制した。石井は「チームが一つになって勝ち切れた」と満面の笑みをみせた。
石井や長岡が悪い流れ断ち切った!日本、ドミニカ共和国に競り勝つ/バレー
 バレーボール・女子世界選手権第7日(7日、名古屋市ガイシプラザほか)2次リーグが始まり、E組で世界ランキング6位の日本は9位のドミニカ共和国に3-2で競り勝ち、1次リーグの成績が持ち越されるため5勝1敗となった。第5セットは途中出場の長岡望悠(27)や石井優希(27)=ともに久光製薬=らの活躍で15-11と奪った。
石井優希「攻める気持ちで打ち切れた」 2018女子世界選手権 ドミニカ共和国戦コメント
 7日に日本ガイシホール(名古屋市)で行われた女子バレーボール世界選手権第2次ラウンド第1戦、ドミニ...
中田久美監督「サーブで相手を崩しきれなかった」古賀紗理那「決めなければという気持ちが強すぎて冷静に打てなかった」 世界選手権 ドミニカ共和国戦 記者会見コメント
 7日に行われた女子バレーボール世界選手権第2次ラウンド第1戦ドミニカ共和国戦の試合後の記者会見コメ...
中田久美監督、辛勝に「ストレートでいかなければ」 - バレー : 日刊スポーツ
世界ランク6位の日本が総力戦で同9位のドミニカ共和国を3-2のフルセットで退けた。最終セットに今大会は控えに回っている長岡、石井、冨永がスタートからコートに立… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
中田ジャパン、難敵ドミニカに競り勝つ 総力戦の勝利!石井の強打でリズム引き戻す/デイリースポーツ online
 「バレーボール女子・世界選手権・2次リーグ、日本3-2ドミニカ共和国」(7日、名古屋市ガイシプラザ) 2次リーグが始まり、E組で世界ランク6位の日本は9位のドミニカ共和国に3-2で競り勝ち、1次リーグの成績が持ち越されるため5勝1敗となった。ドミニカ共和国は3勝3敗。E組はセルビアがメキシコを、オランダがプエルトリコ...
「404エラー」TBS NEWS 動画ニュースサイト
TBSの動画ニュースサイトTBS NEWSです。

 
 

世界バレー関連の記事

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000023-it_nlab-ent
【バレーボール通信】女子世界選手権、7日から2次リーグ 難敵撃破へ2枚看板の成長鍵
バレーボール女子の世界選手権は16強が出そろい、7日から2次リーグが始まる。世界ランク6位の日本は名古屋・日本ガイシホールで行われるE組に入り、7日に同9位ドミ…
【世界バレー】「自分が何とかしなくては」自覚が芽生えた古賀、黒後 バックアタックの修正は収穫(大林素子) - Yahoo!ニュース
バレーボールの世界選手権、日本は第1次ラウンド4勝1敗(勝ち点13)で第2次ラウンドへ。メダル獲得へ絶対勝利のドイツ戦、勝負を分けたのはサーブ。ここからが本当の戦い、サーブやバックアタック、期待です。
スポンサーリンク
 
 

その他

トップへ戻る