V1リーグ女子 優勝は久光製薬スプリングス!

2019/4/13 女子ファイナル第2戦の試合結果

スポンサーリンク

試合会場レポートや試合結果速報は、こちらでご確認下さい。↓↓↓

avatar

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構
Vリーグオフィシャルサイトです。試合日程、チーム紹介など。
試合会場レポート→REPORT.A
監督コメント、各セットのスタメン、要約レポート等を見ることができます。
試合結果速報は→REPORT.B
チームや個人のプレーの成績を見ることができます。

女子ファイナル第2戦の試合結果

久光製薬 vs 東レ
2 - 3
(31-29 19-25 23-25 25-23 13-15)

この試合でアタック得点が多かった選手

選手名チーム得点決定率
クランヤナ東レ4753.4
野本梨佳久光製薬2543.1
石井優希久光製薬2233.8
黒後愛東レ2038.5

この試合のチーム技術成績

アタックブロックサーブサーブレシーブ相手ミス
久光製薬39.61.808.348.121
東レ45.42.404.145.912

※アタック→アタック決定率、ブロック→1セットあたりのブロック決定本数、サーブ→サーブ効果率、サーブレシーブ→サーブレシーブ成功率。

女子ファイナル第2戦は東レが勝利!

1戦目は本来の実力を発揮できずに完敗した東レですが、2戦目はしっかり立て直して久光製薬から勝利を奪いました。特に1戦目に抑えられたクランヤナ選手が50得点(アタック47、ブロック3)と大活躍。チームのブロックも今回は久光製薬を上回りました。

スポンサーリンク
 
 

女子ファイナル ゴールデンセットの試合結果

久光製薬 vs 東レ
1 - 0
(25-18)

https://www.facebook.com/HisamitsuSpringsofficial/videos/vb.471858706167815/344188389560392/?type=3&&theater

この試合でアタック得点が多かった選手

選手名チーム得点決定率
クランヤナ東レ1055.6
石井優希久光製薬444.4
野本梨佳久光製薬426.7

この試合のチーム技術成績

アタックブロックサーブサーブレシーブ相手ミス
久光製薬35.9313.061.07
東レ41.005.637.02

※アタック→アタック決定率、ブロック→1セットあたりのブロック決定本数、サーブ→サーブ効果率、サーブレシーブ→サーブレシーブ成功率。

久光製薬がゴールデンセットを制し、2季連続7度目の優勝を果たしました!

最終的には東レが力尽き、久光製薬が勝利しましたが、よく東レは強い久光製薬をここまで追い込んだと思います。主力に若い選手が多いので、来季が楽しみです!

スポンサーリンク

この試合の関連記事(外部)

久光、東レ下し2連覇 Vリーグ女子決勝/バレー
 バレーボールのVリーグは13日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで女子プレーオフ決勝が行われ、久光製薬が東レを下し、2季連続7度目の優勝を果たした。第2戦を落として1勝1敗となった後、1セットで勝敗をつけるゴールデンセットを25-18で制した。
久光、東レ下し2連覇 Vリーグ女子決勝
バレーボールのVリーグ女子は13日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザでプレーオフ最終日を迎え、久光製薬が2季連続7度目の優勝を飾った。2試合制の決勝第…
バレーボールV1女子 久光製薬が東レに勝ち2連覇 | NHKニュース
バレーボールのVリーグ1部=V1は女子の優勝決定戦が行われ、久光製薬が東レに勝ち、2年連続7回目の優勝を果たしました。
久光製薬、女王の底力 ゴールデンセットで真価 Vリーグ
バレーボールのVリーグ女子は13日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザでプレーオフ最終日を迎え、久光製薬が2季連続7度目の優勝を飾った。追い込まれた女王…
【動画】久光製薬vs東レ/Vリーグ女子プレーオフ決勝
 バレーボールのVリーグは13日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで女子プレーオフ決勝が行われ、久光製薬が東レを下し、2季連続7度目の優勝を果たした。第2戦を落として1勝1敗となった後、1セットで勝敗をつけるゴールデンセットを25-18で制した。
久光製薬が初代女王 流れを変えた最終セット後の15分 バレーボールVリーグ - スポニチ Sponichi Annex スポーツ
 最終戦をフルセットの末に落とした久光製薬が、続いて行われた1セット制のゴールデンセット(GS)で東レを25―18で下し、再編された新リーグの初代女王に輝いた。旧プレミアリーグ時代を含めれば、2年連続7度目の優勝となった。
東レ・黒後、責任を痛感「もっと私が機能して…」/バレー
 バレーボールのVリーグは13日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザで女子プレーオフ決勝が行われ、久光製薬が東レを下し、2季連続7度目の優勝を果たした。
若手成長の東レ、最後は力尽きる Vリーグ
バレーボールのVリーグ女子は13日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザでプレーオフ最終日を迎え、久光製薬が東レを下し、2季連続7度目の優勝を飾った。東レ…
久光製薬チーム力で女王死守、甦った“第6セット” - バレー : 日刊スポーツ
久光製薬が2季連続7回目の優勝を飾った。東レににフルセットで敗れて1勝1敗で並ばれたが立て直し、25点1セットのゴールデンセットを25-18で制して女王の座を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
久光製薬が連覇!岩坂「意地」で黒後止めた/バレー
 バレーボール・Vリーグ1部プレーオフ(13日、東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)女子決勝が行われ、久光製薬が東レを下し、2季連続7度目の優勝を果たした。第2戦を落として1勝1敗となった後、1セットで勝敗をつけるゴールデンセットを25-18で制した。最高殊勲選手賞には久光製薬のアキンラデウォ、敢闘賞には東レのク...
久光、女王の底力 ブロック習熟、連覇支えに バレー女子Vリーグ|スポーツ|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE
もつれ込んだゴールデンセット。久光製薬のミドルブロッカー(MB)岩坂が5―3で相手エースの黒後を止めた。8―5でも再び岩坂が黒後をブロック。中盤にはMBアキンラデウォにもブロック得点が生まれ、岩坂は「意地でしたね」と語った。これで流れを引き寄せた。 今季の久光製薬の強みはブロック力だ。1セット平均のブロック得点は2・6...

トップへ戻る