V1リーグ女子|2018/11/24|試合結果②|NEC×東レ|岡山×上尾

スポンサーリンク

試合会場レポートや試合結果速報は、こちらでご確認下さい。↓↓↓

avatar

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構
Vリーグオフィシャルサイトです。試合日程、チーム紹介など。
試合会場レポート→REPORT.A
監督コメント、各セットのスタメン、要約レポート等を見ることができます。
試合結果速報は→REPORT.B
チームや個人のプレーの成績を見ることができます。

NEC×東レ

NEC×東レ
2 - 3
(25-23 15-25 25-14 16-25 9-15)

この試合でアタック得点が多かった選手

選手名チーム得点決定率
廣瀬七海NEC2539.7
クランヤナ東レ2440.0
黒後愛東レ1426.9
大野姉妹の対決は東レの果歩選手に軍配

大野果歩選手13得点、アタック11、ブロック2、アタック決定率57.9%

セッターの関菜々巳選手と相性がいいのか、このところ大野果歩選手の成績が上がってます。この調子を続けて欲しいですね。

廣瀬七海選手、両チーム最多の28得点

アタック25、サーブ3の28得点。この試合では東レのクランヤナ選手の26得点(アタック24、ブロック2)をも上回りました。

東レ、NECのホームでフルセット勝利。岡山はホームで上尾に惜敗 V1リーグ女子
V1リーグ女子の結果
スポンサーリンク
 
 

岡山×上尾

岡山×上尾
2 - 3
(27-25 25-18 19-25 16-25 9-15)

この試合でアタック得点が多かった選手

選手名チーム得点決定率
シュシュニャル埼玉上尾1537.5
堀江美志埼玉上尾1525.9
山口舞岡山1437.8
金田修佳岡山1429.8
互いにアタックが決まらない戦い

両チームのアタック決定率が、岡山29.6%、埼玉上尾33.0%でした。

さすがに30%を下回ると、なかなか勝てないですね。

山口舞選手、今季初スタメン

この試合、怪我から復帰した山口舞選手が今季初スタメンでした。

アタック14、ブロック1の15得点
アタック決定率は37.8%

301 Moved Permanently
301 Moved Permanently
トップへ戻る