レギュラーラウンド終了時の各チームの技術成績と日本人選手の個人成績(2018-19シーズン)

スポンサーリンク

レギュラーラウンド個人成績(日本人限定)

※レギュラーラウンド終了時の日本人選手のみのランキングです。外国人選手を含めたランキングはこちら↓↓↓
個人技術集計表(Best15)|Vリーグオフィシャルサイト
赤字は2018年度火の鳥NIPPONの登録メンバー
青字は新人選手

アタック決定率(バックアタック含む)

1渡邊彩車体44.0
2大野果奈NEC43.9
3入澤まい日立43.8
4新鍋理沙久光43.4
5岩坂名奈久光43.3
6芥川愛加JT42.4
7島村春世NEC42.1
8大野果歩東レ41.7
9荒木絵里香車体40.1
10林琴奈JT38.7

日本人1位は渡邊彩選手、ルーキーの2人も頑張ってますね!

avatar

総得点

1黒後愛東レ356
2田中瑞稀JT353
3金田修佳岡山316
4渡邊久惠日立306
5石井優希久光303
6長内美和子日立302
7佐々木萌岡山296
8古賀紗理那NEC290
9鍋谷友理枝デンソー286
10平谷里奈KUROBE251

今季のレギュラーラウンド、日本人選手で一番得点したのは黒後愛選手!

avatar

アタック決定本数(1セットあたり)

1石井優希久光4.09
2渡邊久惠日立4.07
3金田修佳岡山4.05
4田中瑞稀JT4.00
5黒後愛東レ3.97
6鍋谷友理枝デンソー3.88
7佐々木萌岡山3.68
8長内美和子日立3.66
9平谷里奈KUROBE3.46
10古賀紗理那NEC3.16

1セットあたりだと石井優希選手が1位。サーブレシーブもしながらこの得点力、素晴らしいです。

avatar

ブロック決定本数(1セットあたり)

1岩坂名奈久光0.79
2荒木絵里香車体0.79
3入澤まい日立0.65
4大野果歩東レ0.57
5大野果奈NEC0.52
6新鍋理沙久光0.52
7清水眞衣PFU0.51
8芥川愛加JT0.46
9野村明日香デンソー0.43
10青柳京古上尾0.43

1位2位は常連の2人ですが、3位にルーキーの入澤まい選手が入りました。将来が楽しみです。

avatar

サーブ効果率

1荒木絵里香車体13.7
2入澤まい日立13.6
3黒後愛東レ13.4
4渡邊彩車体13.2
5鍋谷友理枝デンソー12.6
6井上美咲上尾11.9
7田中美咲JT11.8
8石井優希久光11.5
9野村明日香デンソー11.4
10関菜々巳東レ11.2

さすが荒木選手、サーブも安定してます。入澤まい選手はここでも上位。

avatar

サーブレシーブ成功率

1新鍋理沙久光70.0
2馬場ゆりかKUROBE67.8
3榊原美沙都車体66.8
4和才奈々美KUROBE66.1
5戸江真奈久光64.8
6小幡真子JT64.8
7目黒優佳JT63.6
8石井優希久光62.3
9山岸あかね上尾61.7
10内瀬戸真実車体60.4

新鍋理沙選手、サーブレシーブ賞は2年連続5回目です。凄い選手ですね!

avatar

スポンサーリンク
 
 

レギュラーラウンド、チーム技術成績

アタック決定率(バックアタック含む)

1東レ41.5
2久光製薬40.5
3JT39.9
4トヨタ車体38.9
5埼玉上尾38.5
6デンソー36.5
7NEC36.3
8日立36.1
9岡山34.2
10KUROBE33.5
11PFU33.4

1位は東レ、40%超えは2チームですね!

avatar

ブロック決定本数(1セットあたり)

1久光製薬2.64
2東レ2.38
3トヨタ車体2.34
4NEC2.19
5デンソー2.04
6日立1.99
7埼玉上尾1.96
8PFU1.96
9岡山1.77
10KUROBE1.68
11JT1.58

ここも1、2位は久光と東レ。最下位はJT。

avatar

サーブ効果率

1東レ11.1
2トヨタ車体10.9
3JT10.7
4埼玉上尾10.6
5久光製薬10.4
6デンソー10.2
7NEC8.5
8日立8.4
9KUROBE8.3
10岡山7.8
11PFU7.6

東レはサーブでも1位です。

avatar

サーブレシーブ成功率

1久光製薬59.7
2JT58.8
3KUROBE58.8
4日立57.7
5デンソー57.3
6トヨタ車体57.2
7岡山55.7
8埼玉上尾54.4
9東レ53.3
10NEC52.3
11PFU49.6

1位は久光製薬、さすがです。

avatar

トップへ戻る