2018/19シーズンの東レアローズについて

スポンサーリンク

退団選手と新加入選手

退団選手
野村明日香
中川有美
木村美里
田代佳奈美
林有紀奈
峯村沙紀
ケイディ・ロルフゼン
新加入選手
ヤナ・クラン(アゼルバイジャン)
アレオナ デニス サンティアゴ マナバット(フィリピン)
関 菜々巳(新人)
選手紹介 | チーム・選手紹介 | 東レアローズ女子バレーボール部 | TORAY
東レの女子バレーボール部、アローズの公式WEBサイト。試合日程や試合速報、スケジュール、メンバーの情報、インタビューなど。
スポンサーリンク
 
 

2017/18シーズンの技術成績の順位

チーム名アタック
決定率
バック
アタック
決定率
ブロック
決定本数
サーブ
効果率
サーブ
レシーブ
成功率
久光製薬15251
JT32333
トヨタ車体21166
デンソー86514
NEC78645
東レ67422
上尾43778
日立54887
※レギュラーラウンドのみの成績です。
※上尾メディックスは、2018年6月に埼玉上尾メディックスに改称しました。
※ブロック決定本数は、1セットあたりの順位です。
※アタック決定率にはバックアタック決定率も含まれます。

 
 

2018/19シーズンのスタメンは?

サイド

ヤナ・クラン、黒後愛、堀川真理の3選手が中心。

ヤナ・クラン選手は、先日の世界バレーでアゼルバイジャン代表として出場していたのですが、攻撃ではポリーナ・ラヒモワ選手には及ばないものの、チームで2番目の得点者であり、アタック決定率も48%となかなかのものでした。高さもあるので、攻撃においては活躍を期待できるかもしれません。ただ、サーブレシーブは今一つのようです。

黒後選手以外にもうひとり、サーブレシーブの出来る人が出てきて欲しいですね。

センター

マナバット選手がスタメンに定着した場合は、小川愛里奈、大野果歩、井上奈々朱、伊藤望の4選手で、残りの一つを争うことになります。

誰がミドルブロッカーのポジションを奪取するか、楽しみですね。

セッター

やはり白井美沙紀選手が中心となるでしょう。

新人の関菜々巳選手も、1年目でどこまで出来るか見てみたいですね。

リベロ

一度に2名も退団してしまったので、現時点では中島未来選手しかいないようです。

スポンサーリンク
 
 

2018/19シーズンの東レアローズについて


昨季はレギュラーラウンドのサーブレシーブは2位だったのですが、個人ランキング3位の中川有美選手が退団したこともあり、今季はどうなるか。

ただ攻撃力のある選手は揃っています。黒後選手も代表を経て成長していると思うので期待したいですね。

トップへ戻る