2/3終了時点の順位表と日本人ミドルブロッカーの個人成績|V1リーグ女子

スポンサーリンク

レギュラーラウンド順位表

※2019/2/3終了時点のものです。

ウエスタンカンファレンス












1久光製薬1715243
2JT1611535
3トヨタ車体1711633
4東レ1710729
5岡山168825

前週からの順位変動はなし。3位トヨタ車体が残り3試合で9ポイント獲得したとしても、久光製薬の43ポイントを上回ることができないため、久光製薬の2位以上が確定しました。

イースタンカンファレンス












1埼玉上尾1710728
2NEC179828
3デンソー168825
4日立1881021
5KUROBE162147
6PFU170172

5位KUROBEが残り4試合で12ポイント獲得しても、4位日立の21ポイントを上回ることができないため、埼玉上尾、NEC、デンソー、日立の4チームのファイナル8進出が確定しました。
スポンサーリンク
 
 

日本人ミドルブロッカー個人成績

※2019/2/3終了時点のもので、日本人ミドルブロッカーのみのランキングです。
参考 個人技術集計表(Best15)|Vリーグオフィシャルサイト

アタック決定率(バックアタック含む)

1入澤まい日立44.4
2岩坂名奈久光43.7
3渡邊彩車体43.4
4芥川愛加JT42.4
5島村春世NEC41.5

アタック決定本数(1セットあたり)

1島村春世NEC2.29
2芥川愛加JT1.67
3入澤まい日立1.67
4渡邊彩車体1.61
5荒木絵里香車体1.58

ブロック決定本数(1セットあたり)

1岩坂名奈久光0.80
2荒木絵里香車体0.75
3入澤まい日立0.68
4大野果奈NEC0.57
5大野果歩東レ0.53

サーブ効果率

1荒木絵里香車体14.4
2入澤まい日立13.4
3渡邊彩車体12.3
4青柳京古上尾11.5
5芥川愛加JT9.9

4部門全てで3位以上の入澤まい選手は高卒ルーキーです。現時点でも最高到達点が309cmもあり、将来が楽しみですね。

avatar

トップへ戻る