V1リーグ女子|1/6終了時点の順位表|気になった選手など

スポンサーリンク

レギュラーラウンド順位表

※2019/1/6終了時点のものです。
※変動は2018/12/9終了時点との比較です。

ウエスタンカンファレンス












1久光製薬109128
2JT108224
3トヨタ車体107320
4東レ95414
5岡山10288

順位の変動はなし。2戦連続で3ポイントゲットした久光製薬が、2位JTとの差を4ポイントに広げました。

イースタンカンファレンス












1NEC116520
2デンソー106418
3日立107315
4埼玉上尾115615
5KUROBE122107
6PFU110112

こちらも順位の変動はなし。上位3チームの試合はありませんでした。PFUは、いまだ勝ち星なし。
スポンサーリンク
 
 

1/5・6の試合で気になった日本人選手

黒後愛選手(東レアローズ)
1/5 埼玉上尾
アタック得点(決定率)17点(48.6%)
アタック決定本数(セット平均)5.67本
サーブレシーブ成功率61.6%

前回の久光製薬戦もアタック23得点、決定率46.9%と素晴らしい活躍でした。今週東レは岡山とデンソーが相手です。また活躍を期待したいですね。
関菜々巳選手(東レアローズ)

2019/1/6終了時点の、東レのサーブレシーブ成功率は11チーム中、最下位です。でありながら、アタック決定率は3位。当然アタッカーの力量もあると思いますが、関選手の貢献も少なくはないと思っています。高卒ルーキーとは思えない活躍。将来がほんとに楽しみです。

 
 

その他

トップへ戻る