V1リーグ女子|11/11終了時点の順位表|気になった選手など

スポンサーリンク

レギュラーラウンド順位表

※2018/11/11終了時点のものです。

ウエスタンカンファレンス












1車体3308
2JT3216
3久光2114
4東レ2113
5岡山2020

両カンファレンスの中で、全勝はトヨタ車体のみ。久光製薬はアキンラデウォ選手が合流してから、本領を発揮するでしょう。

イースタンカンファレンス












1NEC3216
2上尾3216
3デンソー3216
4日立3214
5KUROBE4134
6PFU4041

こちらは3位までがポイント6で並んでます。リーグは始まったばかりなので、まだまだこれからですね。
スポンサーリンク
 
 

11/10・11の試合で気になった日本人選手

窪田美侑選手(日立)
11/11 デンソー
アタック得点(決定率)18点(46.2%)
ブロック得点(平均セット)1点(0.25本)
サーブレシーブ成功率53.3%

不調の選手が多い日立の中で、唯一アタックで結果を残しています。現在アタック決定率は全体の11位、サーブレシーブ成功率も12位と、ルーキーとは思えない活躍。この調子が続くといいですね!
鍋谷友理枝選手(デンソー)
11/10 埼玉上尾11/11 日立
アタック得点(決定率)12点(44.4%)17点(39.5%)
バックアタック得点(決定率)1点(50.0%)1点(25.0%)
サーブ得点(効果率)1点(16.2%)0点(1.9%)
サーブレシーブ成功率63.0%36.4%

鍋谷選手、開幕戦はあまり良くなったので心配してたんですけど、先週はだいぶ復調してきました。やはり鍋谷選手が活躍すると、チームも勝てますね。
東谷玲衣奈選手(デンソー)
11/10 埼玉上尾11/11 日立
アタック得点(決定率)2点(40.0%)13点(39.4%)
ブロック得点(セット平均)──1点(0.25本)
サーブレシーブ成功率──53.1%

日立戦では高卒ルーキーながら13本のスパイクを決め、早くも存在感を示しました。これからが楽しみな選手です。
スポンサーリンク
 
 

その他

トップへ戻る