2018/19シーズンのKUROBEアクアフェアリーズについて

スポンサーリンク

退団選手と新加入選手

退団選手
吉村ひかる
大盛 梢
太田あかり
レラ留奈
ジョンソン・ジュリアン
新加入選手
フレア・アールブレヒト(ベルギー)
浮島杏加子(久光より移籍)
綿引菜都美(新人)
小西愛衣(新人)
星加 輝(内定選手)
白岩蘭奈(内定選手)
選手・スタッフ紹介|チーム・選手|KUROBEアクアフェアリーズ
選手・スタッフ紹介。KUROBEアクアフェアリーズはVリーグで活躍し、富山県内バレーボール競技の普及と競技力向上を目指すチームです。
スポンサーリンク
 
 

2017/18シーズンの技術成績の順位

チーム名アタック
決定率
バック
アタック
決定率
ブロック
決定本数
サーブ
効果率
サーブ
レシーブ
成功率
岡山26324
PFU11133
KUROBE34241
熊本67677
JAぎふ52416
トヨタ自動車43752
大野石油75565
※レギュラーラウンドのみの成績です。
※チャレンジリーグⅠの成績です。
※ブロック決定本数は、1セットあたりの順位です。
※アタック決定率にはバックアタック決定率も含まれます。

 
 

2018/19シーズンのスタメンは?

サイド

浮島杏加子、和才奈々美

この2人に平谷里奈選手と丸山紗季選手が続く形でしょう。

浮島選手は久光製薬時代にVプレミアリーグでの出場はなかったのですが、2017アジアクラブ選手権ではベストオポジット賞、今年の黒鷲旗でもベスト6に入る等、力のある選手です。こちらでは毎回スタメンで入れるでしょうから、頑張って欲しいですね。

センター

フレヤ・アールブレヒト選手と、もう一枠は倉見夏乃選手か雪丸 梢選手ではないでしょうか。

セッター

正セッターは南 美寿希選手でしょう。

リベロ

昨季のチャレンジリーグ、サーブレシーブランキング1位の馬場ゆりか選手で問題ないでしょう。

スポンサーリンク
 
 

2018/19シーズンのKUROBEアクアフェアリーズについて


昨季のチャレンジリーグのサーブレシーブランキング1位、2位は、馬場ゆりか選手と和才奈々美選手。サーブレシーブに優れた選手が2人もいるのは強みですね。

あとはアールブレヒト選手や浮島選手が、どれだけ活躍してくれるか。

トップリーグでは1つ勝つだけでも大変だとは思いますが、頑張って欲しいですね。

トップへ戻る